活性型コエンザイムQ10ってなに

活性型コエンザイムQ10

活性型コエンザイムQ10とは、どういうものでしょう。

 

 

そもそもコエンザイムQ10は、細胞内のミトコンドリアに存在し、
エネルギーの大部分をつくり出している補酵素です。

 

 

コエンザイムQ10は、心臓の筋肉や、
骨格筋、肝臓や腎臓に多く存在するといわれています。

 

 

体の中で合成されますが、
多くの臓器のコエンザイムQ10は20歳をピークに加齢とともに減少していきます。

 

 

臓器の中でも心臓では、
40代で30%、80代では50%以上が失われます。

 

 

コエンザイムQ10は主に、抗酸化作用、免疫機能の強化、
心臓機能の維持、筋肉や皮膚の修復などの効果があります。

 

 

コエンザイムQ10といっても
働きによって2種類のコエンザイムQ10があります。

 

 

酸化型のコエンザイムQ10(ユビキノン)と、
還元型のコエンザイムQ10(ユビキノール)です。

 

 

酸化型コエンザイムQ10(のユビキノン)と
還元型コエンザイムQ10(ユビキノール)の主な違いは、
化学構造に違いがあり、コエンザイムQ10の吸収力が大きく異なります。

 

 

還元型コエンザイムQ10は、
体内に存在しているコエンザイムQ10と同じ状態なのです。

 

 

しかし、どちらのコエンザイムQ10も脂溶性ビタミン様物質です。

 

 

そのため、水に溶けにくく、体に吸収しにくい特徴があります。

 

 

それを改善するために、コエンザイムQ10を水溶性化することで
体内への吸収率が向上させることができます。

 

 

しかし、単に水溶性化しただけでは、
小腸の腸壁からの吸収は難しいのです。

 

 

そこで、体内への吸収率をさらに向上させるために
「活性型エンザイムQ10」が開発されました。

 

 

活性型コエンザイムQ10は、
小腸内で速やかに吸収され、通常のコエンザイムQ10と比べて
吸収率が約8倍も高い特徴があります。

 

 

わかりやすくいえば、活性型コエンザイムQ10は、
脂溶性と水溶性の両方の働きがあるのです。

 

 

ちなみに、一般的なコエンザイムQ10は体内でうまく溶けず、
半分以上体外に排出されてしまうんだそうです。

 

 

そのため、活性型コエンザイムQ10は、
より少ない成分量でも十分効果を発揮することができ、
身体に負担なく、スムーズに吸収し、健康を促進できます。

 

 

価格も還元型コエンザイムQ10のサプリメントとほぼ同じですので、
初めから活性型コエンザイムQ10を選ぶのもいいでしょう。