酸化型コエンザイムQ10ってなに

酸化型コエンザイムQ10

コエンザイムQ10といっても、働きによって2種類のコエンザイムQ10があります。

 

 

その中でも、サプリメントなどに一般的利用されている
コエンザイムQ10が酸化型のコエンザイムQ10です。

 

 

そもそもコエンザイムQ10は、細胞内のミトコンドリアに存在し、
エネルギーの大部分をつくり出している補酵素です。

 

 

コエンザイムQ10は、心臓の筋肉や、
骨格筋、肝臓や腎臓に多く存在するといわれています。

 

 

体の中で合成されますが、
多くの臓器のコエンザイムQ10は20歳をピークに加齢とともに減少していきます。

 

 

臓器の中でも心臓では、
40代で30%、80代では50%以上が失われます。

 

 

コエンザイムQ10は主に、抗酸化作用、免疫機能の強化、
心臓機能の維持、筋肉や皮膚の修復などの効果があります。

 

 

ちなみに、酸化型コエンザイムQ10は、
そのままの形では何にも効果が期待できません。

 

 

体内での、還元型コエンザイムQ10への変換が必要となります。

 

 

酸化型のコエンザイムQ10は、小腸から吸収されてリンパ管に移行する過程で
「還元型のコエンザイムQ10」に変換されます。

 

 

その後、血液によって心臓や腎臓などの臓器に運ばれてから
本来のコエンザイムQ10としての働きを発揮します。

 

 

つまりは血中に存在するコエンザイムQ10は、
その95%が還元型であるといわれています。

 

 

つまり、酸化型コエンザイムQ10は、
還元型コエンザイムQ10に変化することで、
はじめて体内でうまく作用するようになります。

 

 

しかし、ここで一つ問題があります。

 

 

摂取した酸化型コエンザイムQ10が
全て還元型コエンザイムQ10に変換されるわけではないのです。

 

 

酸化型コエンザイムQ10の問題点は、
加齢やストレスなどで、還元型コエンザイムQ10に変換する力が低下することです。

 

 

変換する能力が低下すると
摂取したすべての酸化型コエンザイムQ10が還元型に変換されず、
変換されなかった酸化型コエンザイムQ10は体外へ排出されてしまうのです。

 

 

そのため、摂取するコエンザイムQ10の
種類には気をつける必要があります。

 

 

実際、市販されているコエンザイムQ10のサプリメントは
コストや製造方法の関係から酸化型コエンザイムQ10が多いようです。

 

 

年齢が若く、変換能力が高い方は、
酸化型のコエンザイムQ10でもいいでしょう。

 

 

ある程度の年齢の方は、酸化型コエンザイムQ10ではなく、
還元型コエンザイムQ10など違う種類のコエンザイムQ10を選びましょう。

 

 

酸化型のコエンザイムQ10のいいところは、
コストが安いということや、商品数が豊富で選択肢が多いということです。