コエンザイムQ10の摂取方法はどれがいいの

コエンザイムQ10の摂取方法

コエンザイムQ10摂取方法は、
食事で摂取する方法やサプリメントで摂取する方法、
注射・点滴で摂取する方法の3つです。

 

 

○コエンザイムQ10を食事での摂取方法

 

コエンザイムQ10の
最低限の目安として30mgといわれています。

 

この量を基準として摂取するには、
イワシで約6匹、牛肉ならば約1kg食べなければいけません。

 

ちょっと現実的ではありませんね。

 

そのうえ、余分な栄養も摂取してしまうので、
高カロリーな食事になってしまい不健康です。

 

また、コエンザイムQ10は
加熱すると成分がほぼ壊れてしまいます。

 

どんなに上手く食べたとしても、
食事から摂取できる量は10〜15mgくらいが限界です。

 

(※食品100gに含まれるコエンザイムQ10の量です)
イワシ 6.4mg
サバ 4.3mg
豚肉 2.5〜4.1mg
ゴマ油 3.2mg
牛肉 3.1mg
落花生 2.7mg
イカ 2.4mg

 

 

○コエンザイムQ10をサプリメントでの摂取方法

 

上記のコエンザイムQ10の
食事からの摂取の限界や食事量を考えると
サプリメントからの摂取の方が効率的です。

 

コエンザイムQ10のサプリメントは、
1錠あたりのコエンザイムQ10の含有量が決まっているため、
手軽に必要摂取量を摂取することができます。

 

ただ、全てのコエンザイムQ10のサプリメントでも
同じような効果が期待できるとは限りません。

 

サプリメントのコエンザイムQ10には、
化学合成のコエンザイムQ10と、
天然のコエンザイムQ10があります。

 

化学合成か天然の違いは、
コストや吸収率、安全性に影響します。

 

また、吸収効率の観点からいえば、
コエンザイムQ10のサプリメント商品として
「包接体」「酸化型」「還元型」「活性型」に分けられます。

 

これも、吸収率やコストの関係で、
メリット、デメリットがあります。

 

また、サプリメントで
コエンザイムQ10をとり入れた場合は、
全身の細胞に成分が行き渡るまでには
約1週間ほどの期間が必要となります。

 

 

○コエンザイムQ10を注射・点滴での摂取方法

 

コエンザイムQ10を
注射・点滴で摂取する方法の特徴としては、
食材やサプリなどとは違い素早く吸収できるので、
効果も早く感じ取ることができます。

 

 

しかし、コエンザイムQ10の
注射・点滴ができる診療科は美容外科のみなので、
サプリメントのように気軽には行きません。

 

また、保険が効かないので、
高額となることが多いと思われます。

 

美容外科によって費用や期間にも違いがあり、
通院期間は約3ヶ月位は続ける必要があるようです。

 

効果が早い分、
手間とコストがかかります。