コエンザイムQ10と抗酸化作用

コエンザイムQ10と抗酸化作用

コエンザイムQ10には、強力な抗酸化作用があります。

 

 

抗酸化作用とは、人の体の酸化(老化)を抑える作用です。

 

 

酸化とは、簡単にいえば、体が錆びることです。

 

 

この酸化の原因が酸素なのです。

 

 

例えば、金属の錆ように、酸素が細胞と結びつくと
人間のカラダにも同じ現象が生じます。

 

 

酸素が体内に入ると、あらゆる原因で「活性酸素」に変化します

 

 

活性酸素は、本来ならばウィルスや細菌、カビから体を守ってくれますが、
何らかの原因で増えすぎてしまうと、体を酸化させてしまうのです。

 

 

以下のような原因でも活性酸素は発生します。

 

・ 紫外線
・ 飲酒、喫煙
・ 車の排気ガス、ダイオキシン
・ 環境ホルモン
・ 殺虫剤、農薬、食品の防腐剤
・ 電磁波
・ 放射線

 

 

上記のような原因で、過剰になった活性酸素は、
正常な細胞までも攻撃をするようになってしまいます。

 

 

そうすると、シミ、シワ、たるみや、アレルギー、アトピー、がん、
糖尿病、動脈硬化など、見た目の老化現象や病気の原因となります。

 

 

コエンザイムQ10は強力な抗酸化作用によって、
過剰になった活性酸素を除去してくれます。

 

 

その結果、活性酸素のよる体の老化現象や病気の防いでくれるのです。

 

 

また、抗酸化物質であるビタミンEの
抗酸化力を発揮させるにはコエンザイムQ10が不可欠です。

 

 

ビタミンEも強力な抗酸化作用をもってますが、
活性酸素を分解する段階で変質してしまい、
逆に酸化を促進させる物質に変化してしまいます。

 

 

コエンザイムQ10は、変質したビタミンEをもとの状態に戻し、リサイクルしてくれます。

 

 

つまり、コエンザイムQ10は、
ビタミンEの抗酸化作用の発揮や維持にも必要な成分なのです。

 

 

コエンザイムQ10の体内での合成力は、
加齢によって減少していきますので、積極的に摂取する必要があります。

 

 

ピークは20代で、30〜40代になると体内での生産量は
約30%ほど減少してしまい、80代では20代の半分以下の生産量になります。

 

 

体の酸化を抑えるために、コエンザイムQ10を十分に摂取する様にしましょう。