還元型コエンザイムQ10

還元型コエンザイムQ10

還元型コエンザイムQ10は、
一般的にサプリメントで摂取できる酸化型のコエンザイムQ10とは違います。

 

 

そもそもコエンザイムQ10は、細胞内のミトコンドリアに存在し、
エネルギーの大部分をつくり出している補酵素です。

 

 

コエンザイムQ10は、心臓の筋肉や、
骨格筋、肝臓や腎臓に多く存在するといわれています。

 

 

コエンザイムQ10は、通常体内でも生産されますが、
その生産量は20歳をピークに加齢とともに減少していきます。

 

 

臓器の中でも心臓では、40代で30%、80代では50%以上が失われます。

 

 

コエンザイムQ10は主に、抗酸化作用、免疫機能の強化、
心臓機能の維持、筋肉や皮膚の修復などの効果があります。

 

 

コエンザイムQ10といっても働きによって2種類のコエンザイムQ10があります。

 

 

酸化型のコエンザイムQ10と、還元型のコエンザイムQ10です。

 

 

酸化型コエンザイムQ10と還元型コエンザイムQ10の主な違いは、
化学構造に違いがあり、コエンザイムQ10の吸収力が大きく異なります。

 

 

還元型コエンザイムQ10は、体内に存在しているコエンザイムQ10と同じ状態です。

 

 

つまり還元型コエンザイムQ10を摂取すると、
酸化型コエンザイムQ10に比べて、比較的早くコエンザイムQ10を吸収してくれます。

 

 

この体内変換が必要ないことが、還元型コエンザイムQ10の大きな特徴です。

 

 

そのため、体内に吸収されると、すぐにコエンザイムQ10としての効果を発揮します。

 

 

体内での変換過程がないということは
摂取したコエンザイムQ10をすべて吸収できるということです。

 

 

酸化型のコエンザイムQ10を還元型コエンザイムQ10に変換する力は、
年齢とともに低下するといわれています。

 

 

そのため、30代以上の方は、最初から還元型コエンザイムQ10を摂取しましょう。

 

 

還元型のコエンザイムQ10のサプリメントは、
価格が高いのがデメリットですが、酸化型に比べて吸収力は抜群です。