包接体コエンザイムQ10ってなに

包接体コエンザイムQ10

包接体コエンザイムQ10とは、
コエンザイムQ10をオリゴ糖の一種であるシクロデキストリンで包んだものです。

 

 

そもそも、コエンザイムQ10は脂溶性であるため、
脂に溶けやすいが、水には絶対に溶けないという事です。

 

 

そのためコエンザイムQ10の実際の吸収率は5%程度とされています。

 

 

例えば、コエンザイムQ10を100mg摂取しても
実際tのところ5mgしか吸収されないのです。

 

 

これでは、必要量を摂取できるまで
大量のコエンザイムQ10が必要となってしまいます。

 

 

そこで、吸収率の低い成分の吸収率を高める工夫が行われました。

 

 

それが、シクロデキストリンと呼ばれる成分を利用して、
コエンザイムQ10の周囲を取り囲むことにより吸収率を上げることでした。

 

 

シクロデキストリンとは、
オリゴ糖が環状に連なっていて、「環状オリゴ糖」ともいいます。

 

 

原材料は馬鈴薯やトウモロコシの
でんぷんから作られており、100%天然素材です。

 

このシクロデキストリンで、コエンザイムQ10自体を筒状にくるんでいます。

 

 

シクロデキストリンの特徴として、
内側部分は油になじみやすく、外側は水になじみやすいという
異なる性質をもった珍しい物質です。

 

 

これで包むことで、水溶性のような形になり、
もともと脂溶性だったコエンザイムQ10が
小腸から吸収しやすくなり、体内に取り込むことができます。

 

 

また、包接体のコエンザイムQ10は、
コエンザイムQ10自体を分子サイズに細かく加工しているため、
体内でさらに吸収されやすくなります。

 

 

またシクロデキストリン自体が
腸内でゆっくり消化されることから、
コエンザイムQ10も長く体内にとどまることができるのです。

 

 

つまりは、包接体のコエンザイムQ10は、
吸収率と持続力を従来型より高めることで、
細胞レベルで十分に働かせることを可能にしたのです。

 

 

包接体のコエンザイムQ10は、細胞レベルで十分に働くことができるため、
通常のコエンザイムQ10よりも以下の部分でさらに効果的です。

 

・肌改善
・ひざ痛改善
・筋肉を保護・増強
・肢帯型筋ジストロフィー
・高血圧の改善
・アンチエイジング