コエンザイムQ10の副作用と効果・効能

コエンザイムQ10の副作用と効果・効能

 

コエンザイムQ10の副作用と効果・効能

 

コエンザイムQ10とは

コエンザイムQ10は、美容や健康成分として人気です。

 

コエンザイムQ10は、通常は細胞内のミトコンドリアに存在し、
生命エネルギーの大部分をつくり出している補酵素です。

 

 

コエンザイムQ10は、特に心臓の筋肉や、
骨格筋、肝臓や腎臓に多く存在するといわれています。

 

 

また、コエンザイムQ10はビタミンと似た働きを持っており、
いわゆるビタミン様物質であるため、ビタミンQとも呼ばれています。

 

 

コエンザイムQ10は体内でも作られますが、
それだけでは不足するため、外から摂取する必要があります。

 

 

しかし、このコエンザイムQ10は、加齢によりだんだんと減少していきます。

 

 

コエンザイムQ10の体内生産量のピークは20代で、
30〜40代になると体内でのコエンザイムQ10の生産量は30%ほど減少し、
80代では20代の半分以下のコエンザイムQ10の生産量になります。

 

 

不足すると、様々な病気の原因となったり、老化の原因にもなります。

 

詳しくは、「コエンザイムQ10とは」へ

 

 

コエンザイムQ10の副作用

 

コエンザイムQ10には、副作用があるのでしょうか?

 

 

コエンザイムQ10は、もともと体内で生成される成分の一つなので、
外から摂取する場合でも、用法・用量を守っている限り副作用は起きません。

 

 

しかし、安全性が高いコエンザイムQ10であっても
過剰摂取した場合は、腹痛や頭痛を起こす可能性があります。

 

 

また、コエンザイムQ10の摂取量の上限は
体質、体重、体格、性別、ライフスタイルによって様々です。

 

 

ちなみに、過剰摂取といっても、ちょっと多いくらいではなく、
かなりの大量を服用しない限り副作用はありません。

 

 

つまり、コエンザイムQ10は用法用量の範囲内で服用すれば、
重大の副作用は無いため、安全性が高いといえます。

 

詳しくは、「コエンザイムQ10の副作用」へ

 

 

コエンザイムQ10の効果・効能

 

コエンザイムQ10には、様々な効果効能があります。

 

・肌の老化予防

 

・疲労回復効果

 

・心臓機能の改善

 

・抗酸化作用

 

・肥満の改善、ダイエット効果

 

・アンチエイジング

 

・集中力アップ

 

・コレステロールの改善

 

・動脈硬化の予防

 

・高血圧の予防

 

・低血圧の改善

 

・心筋梗塞の予防

 

・糖尿病の予防

 

・狭心症の予防

 

・ガンの予防

 

・慢性疲労の改善

 

・二日酔いの解消

 

・風邪の予防

 

・歯周病の予防

 

・冷え性の改善

 

・肩こりの改善